カフェへ転職して店長になれる?

カフェへ転職すると基本的には店長を目指す流れとなるのが基本です。

カフェは職業的には飲食店という事になりまして、飲食店等のサービス業は殆どのお店ではアルバイトとパートさんがメインとなって働いています。

これがカフェを含めた飲食店のビジネスモデルなのです。

事実もしアルバイトがいなければ殆どの飲食店が廃業となっているはずです。

勿論個人店や高級レストランでは社員の方が割合が多いという所がありますが、一般的にはアルバイトやパートさんの存在があって初めて運営できるのが飲食店なのです。

ですので正社員として転職した場合は基本店長候補として採用という事になります。

逆に店長をしたいかが転職の大きなポイントです

上記の通りカフェへの転職はイコール店長候補としての採用となりますので、逆にいいますと店長をいずれできるのかが転職をする上で重要なポイントとなります。

店長になれるでは無く店長になるんだという考えを持っておく必要があるのです。

多くの飲食店では店自体に社員は数人しかいないのが当たり前でして、社員が店長のみという飲食店も沢山あります。

理由は人件費の圧縮と人手不足が挙げられます。

上記の通りカフェは万年人手不足の飲食店ですので、カフェもその例外では無いのです。

その為人は常に不足しているという所も多く、結果少ない社員ばかりの店舗が増えていくのです。

経験があればすぐにでも店長に?

飲食店は常に人員不足の為、常に人材を求めています。

それはテレビ等で業績好調と謳われている飲食店でも同様です。

どれだけ美味しかろうと、便利だろうと、安かろうと、自分が働くのは嫌だと思っている方が多いのも飲食店なのです。

事実、飲食店は長時間労働になりやすく離職率も高い業界ですので、経験がある人材ならば問題が無ければ喉から手が出る位欲しいのが本音なのです。

ですので能力によっては入社して数日や数週間程度で店長に抜擢される事も十分にありえます。

逆に未経験の場合はその会社によって様々です。

長い所ですと7,8年かかる会社もありますので、もし店長になりたいという目的があるのであれば面接の時に店長になるまでの期間を目安をしっかりと確認しておく事をお勧めします。

カフェで店長になるには

カフェで店長を希望しているのであれば、システム上どうしたら店長になれるのかを知っておく必要があります。

店長になるには基本的に4つの内のどれかの状況を満たさないといけません。

①新店がオープンする事

②他の店長が昇格する事

③他の店長が誰か退職する事

④他の店長が誰か降格する事

悲しいですが店長をするにはカフェで店長をするにはこれらの内どれかを満たさなければいけません。

ですが、これは自分ではどうにも出来ない問題ばかりでして、仮に努力して誰かを蹴落として自分が店長をするという事になれば、お互いの関係も難しくなりますし、特段問題を起こしていない人を降格するという会社は実力主義という会社で常にストレスが付きまとう可能性があります。

その為店長がやりたいのであれば会社の成長性をしっかりと見極めないといけません。

この上記の4つの条件でしたらやはり①、②番の理由で店長をした方が皆が気持ち良いですよね。

ですが新店を出すにはそれなりのお金もかかりますし、企業としてそれなりの土台ができていないと新店を出すのは難しいという現実もあります。

店長をしたいという事が目的なのであれば、今現在とても伸びていて新店のオープンに対して入社する人が間に合っていないという環境が最も望ましい状況です。

ですがだからといって簡単に店長になれるという事ではなく、競争の無い世界等存在しません。

少なからず同期や少し前に入った人、後に入った人という存在が出てきます。

順番通りに店長になれるのでしたら良いのですが、店舗研修の際に上司からこの人はまだ店長になるには早いと思われてしまったら店長になる期間が大きく伸びてしまいますので、そうならない様に努力する事が重要です。

店長というのは皆のまとめ役です。

よくいわれる、人、物、金をコントロールする為に皆とコミュニケーションをとって売上を上げていき、絞る所は絞るのが仕事ですので、必要最低限のコミュニケーション能力は必須でして、それができていないとこの人は駄目と言われてしまう可能性が極めて高くなります。

上記の飲食店は人手不足で常に人材を求めているという事実は間違いありませんが、そこで店長を任せてもらえるかは自分次第です。

会社側も売上が下がる事が分かって店長に任命したりする様な本末転倒な事はしませんので、その辺はしっかりと努力するという決意を胸に入社する様にしましょう。

カフェへ転職するときの志望動機は?

カフェへ転職だけではなく、どこへ転職するにしても必要なのは当然やる気や熱意です。
これはどんな業界だろうと同じ事で、その業界や仕事を志すなら最低限のマナーともいえます。
その熱意ややる気が自然と志望動機として付いてきてしまいます。
履歴書に書くだけなら工夫をすれば熱意がある様に見せる事ができるかもしれませせんが、志望動機に関しては書類選考だけで無く面接でも確実に聞かれます。
ですので志望動機は上辺だけ綺麗に見繕っても意味が無いので注意が必要です。

まずどうしてカフェに転職をしたいのかを考えましょう

一言にカフェといっても色々な種類がありますが、まず自分がどうしてカフェに転職したいのかを明確に答えられる事が重要です。
今のご時世は就職難といわれている時代の名残がまだまだ色濃く残っており、とにかく内定貰う為には多くの企業を受けているという方が大半です。
その為、多くの人が志望動機を明確に答えられない事がとても多いのです。
だからこそ志望動機を明確に答えられる様にしておけば内定の確率もグッと上がってくるのです。
その為には何故カフェに転職したいのかをしっかりと答えられないといけないのです。

カフェの仕事内容をしっかりと観察しましょう

転職という事ですので、理想と現実の違いは前の会社で十分にご存知だと思います。
確認の為、理想通りの企業というのは存在しません。
どんな仕事でも嫌な所もありますし、良い所もあります。
カフェでこうしたいから、カフェならこうできるからという考えは間違った考えではありませんが、その反面にどういったデメリットが存在するのかをしっかりと予想しておかないと、思っていたのと違ったという事になりかねませんし、志望動機としても考えが甘いなという印象を与えてしまいかねませんので注意が必要です。
実際にご自分が気になっているカフェに足を運んでよく仕事ぶりを観察してみて下さい。
ずっと楽しい事ばかりをしている訳では無い事が分かると思います。
飲食店ですので、洗い物もありますし清掃もあります。
店舗によってはトイレ掃除等もあり、社員さんになれば発注やシフト作成、原価管理、人件費管理等行う事は多岐にわたります。
例ですが、美味しいコーヒーを作ってお客様と楽しくお話したいと思って志望致しました、という志望動機では正直甘いなと思われてしまうのです。
これがまだ新卒の採用等でしたら企業側もこれからOJT研修で一から教えていけば良いと思うかもしれませんが、転職は本来即戦力を求めている場ですのでしっかりと現実を踏まえた志望動機を求められているのです。

志望動機では自分の過去を生かした内容を話しましょう

上記の通り転職の志望動機は現実をしっかりと理解した上での内容が必要ですが、それにプラスアルファで今までの経験を活かした志望動機が言えるととても好印象です。

転職ですので今まで色々な仕事経験があると思います。

どんあ仕事でも意外な所で役に立つ事が多いのも事実でして、例えば事務職を経験していた方でしたら売上管理や人件費管理、原価管理の際にパソコンを難なく使用できたり、客数の数値管理ができたりと他の人には出来ない事ができるはずです。

倉庫作業の経験があれば、整理整頓能力をカフェの冷蔵庫や冷凍庫、材料置き場等が無駄無い配置ができたり、工場経験があればずっと同じ物を作っていたのでしたらカフェで毎日同じコーヒーを作ったり、同じ物を沢山作る事に抵抗無く行えて味のブレが出ない等、その仕事により様々な能力があるはずです。

それを志望動機に加えて、今までの経験を活かしてカフェでこういう事をして客層アップを図りたいです等といえればとても好印象だといえます。

カフェで転職するときに面接で聞かれることとは?

カフェといっても様々な種類があり、そのカフェそのカフェによって面接も違ってくるので一概にはいえませんが、カフェというのはあくまでも飲食店という事を話してくる事が多いです。

分かりやすくいいますと、飲食店はキツくて休みも無いという事は多くの人が知っており、事実新卒の希望職種の所に外食産業はとても低い位置にいますが、カフェはどういう訳か同様の飲食店とは見られにくい所があり、それが幸か不幸かギャップという効果を生んでしまっているのです。

ですので比較的飲食店にしては応募者が集まりやすい反面、理想を高く持っている方が多いのでまず飲食店ですが大丈夫ですか?という質問が聞かれる事が多いでしょう。

特に未経験の方に多い質問

サービス関係や飲食業界にいた方ならば常識かもしれませんが、普通のサラリーマンからしたら最初は慣れない所の1つが休日です。

飲食業はサービス業なので、混雑する土日は基本的に出勤しないといけません。

そしてアルバイトが誰か休んだりしたら、穴埋めとして自分が出勤しないといけない事が多々あります。

これは普通のサラリーマンをしていたら中々経験する事では無いので、どうしても未経験者に対しては企業側から面接でちゃんと伝えておこうとなるのです。

その他には最初に触れました通り、朝早くから夜遅くまでの勤務もありますが大丈夫ですか?等といった現実を匂わせる質問をしてくる事も多いでしょう。

結局隠して良い事だけを伝えた所で転職が当たり前となった今の時代では結局言っていた事と違うとすぐ辞めてしまうので、それを防ぐ為にも面接でしっかりと現実的な質問をしてそれでもやっていけるのかを確認するのです。

経験者の方に多い質問

飲食やカフェの経験がある方に関しては、どの位の実力があるのかを判断しないと採用時の給料の違いが出てくるので結構内容の濃い質問が多くなります。

例で挙げますと、以前やっていたお店は席数はどの位?客単価は?営業時間は?ホールとキッチンどちらをやっていたのか?原価率はどの位でやっていたのか、人件費もどの位でやっていたのか、家賃はいくらだったのか、平日と土日の客数の違い尚、どの位お店で仕事をしてきたのかを判断する為に色々な質問が出てきます。

その会社によってそのポジションの人がどの位の裁量権を持っているのかはバラバラですので、こういった濃い質問をする事で実力を照らし合わせて待遇面が決まっていくのです。

経験問わず高い確率で聞かれる質問

数あるカフェの中でどうしてウチに応募してきたのか、誰だって気になりますよね。

やる気があるのか、本気なのかという事を見極める事も兼ねて、私共のお店に足を運んで頂いた事はありますか?という質問はかなり高確率で質問されます。

勿論転職は人生でも大事な分かれ道で重要なポイントです。

ですが今は1社だけに絞っていてはスムーズな転職は難しいのが現実ですので、中々1社1社をしっかりと調べて面接に臨むのは難しいかもしれませんが、それはこちら側の言い分であり、企業側からしたら正直関係無いのです。

本当にやる気があって入社したいと思っていたら当然一度位は行ってから面接に来るものだと思われている事が多く、この質問はある意味ウチに入りたいんですか?という質問と同類の意味を持っているともいえます。

これを採用する基本条件にしている店舗もある位重要な質問なのです。

飲食店やカフェは常に人員不足が背景にあるので、やる気のある人材というのは喉から手が出る位欲しいのです。

第2新卒 転職 失敗

大阪でカフェ店員の転職は見つかる?

大阪は日本三大都市の一つです。

その為、他の県に比べて人口も多く、当然カフェの数も多く存在しておりカフェの店舗数に関しても日本でもトップクラスの店舗数を誇っております。

一見たこ焼きやお好み焼きに話題を持っていかれ気味ですが、他にも様々な名産もありカフェに関してもまだまだ勝負ができる都市といえます。

とにかく行動に出ましょう

大阪は人口も多く、ビジネス的にも大きなチャンスがあるといえます。

その為カフェ等も多く、もし大阪でカフェに転職をしたいというのであれば、とにかく行動に出る事が最も効果的です。

今のご時世インターネットで調べれば様々な情報が瞬時に出てきますし、求人のサイトに関しても沢山のカフェ情報が乗っており、代表的なサイトを調べるだけでこれだけの大都市でしたら多くの求人が見つかりますので、まずは探してみましょう。

少し調べるとちゃんとカフェの求人がしっかりと出てきます。

大阪だからこそ様々な可能性に出会えます

大阪という大都市だからこそ就職希望者も様々な会社を選ぶ事ができるメリットがあります。

これがもし人口が少ない地方だとしたらそれこそカフェの求人が見つかるかが不透明になってきてしまう可能性があります。これだけ大都市でしたらまず間違いなく大手のチェーン店は確実に手当たり次第ではありませんが、とにかく多数の店舗を出しているはずです。

カフェの転職というと幅がとても広くなりますが、チェーン店のカフェを入れても大丈夫という事でしたら大阪は日本でも有数のカフェ求人保有地となります。

勿論わざわざ大阪でカフェを探すという事で、もしかしたらチェーン店ではなく拘ったカフェを希望されていたり、抹茶やたこ焼き、たい焼き、お好み焼き等を含めたカフェを希望している方もいらっしゃると思います。

ですがそういうカフェを含めてもやはり基本的な人口が多いという事はそれだけ店舗を開いて利益が出やすいというメリットもあり、他の県に比べてもやはりチャンスが大きいという事になります。

逆に数が多いので、自分の中で明確にしておきましょう

上記の通り大阪は人口がとても多く、間違いなく栄えている都市といえますが、それ故に逆の心配をしないといけないのです。

それがどういったカフェに転職をするのかという事です。

カフェの数は多く、転職もチャンスが多いですが自分がどんなカフェをしたいのかを明確にしておかないと、結局転職しても自分がやりたいカフェでは無かったという事になってしまいます。

かといってこれだけの大都市のカフェを全て見に行くにはお金も時間も足りません。

ですので自分の希望を紙に書き出し、その中でもっとも譲れない条件や希望する条件を見つけて、それに沿った転職活動が必要となっていきます。

ただカフェに転職するのではなく、自分がやりたいカフェに転職できる様にしていきましょう。

カフェ正社員の転職する方法

カフェというのは業種的にはサービス業の飲食店に該当します。
一般的に飲食店の正社員はとても過酷で毎日長時間労働、休みも無いというのが有名な話ですね。

では、カフェは違うのかというと厳しいようですがそんな事はありません。

飲食店の求人を見るとカフェの求人も沢山出てきます。

勿論どういったカフェがやりたいかによっては、求人として出てこないカフェもありますがチェーン店等でのカフェとなりますと、正直やる事は普通の飲食店同様とてもハードワークとなります。
ですのでカフェと飲食店をまず差別しないで同列で考えましょう。

どちらも同じサービス業ですので、採用したい人材にそこまで大きなズレはありません。

カフェで必要な人材とは?

実際に自分がカフェに行った時にどんな人がいたら嬉しいでしょうか?
美味しいドリンクを出してくれる、良い接客してくれる人達にいてほしいですよね。
勿論カフェによっては味のみで勝負をするので接客には力を入れていないという店舗もあるかもしれません。
ですが一般的に必要なのはサービス業という事もあり、やはり接客ができるかどうかが転職としてその人を採用するかどうかの大きなポイントとなります。
特に正社員ともなると尚更です。
カフェだけでは無くサービス業の大きな特徴はメインで働いている人はアルバイトかパートさんが大半だという所です。
そうしないと利益が出ないビジネスなのです。
そんな中での正社員というのはただ働いているだけではとても不十分です。
アルバイト達の見本にならないといけないのが正社員です。
面接ではそういったコミュニケーション能力と共に人と話す時の仕草や雰囲気を見て、この人はお店をまとめる能力があるのか、皆の見本になれる素質や能力があるのかを判断されるのです。
そしてもう1つ重要なポイントがあります。
それがカフェの現実をどの程度理解しているかです。
実際に漫画やアニメ、ドラマ等で理想を抱いて働いてみると、実際に思っていたものとの差があまりにも大きくてびっくりするはずです。
悲しいですが、会社の存在理由は利益を出す事です。
どれだけ綺麗な社訓があろうと、どれだけ素晴らしい企業理念があろうと企業の目的は利益を出す事以外にありません。
カフェの正社員はお店で利益を出す方法を考えて実行する事が仕事となり、実際にやってみるととにかくハードで理想だけではやっていけません。
どんな仕事でも確実に裏と表があり、裏では辛い仕事が存在します。
そういった現実をしっかりと理解できていないと厳しいのがカフェという職場なのです。

カフェで実際に働くには?

カフェで働く事には上記で簡単に触れましたが、実際には求人を見て応募する事がメインとなります。
ですが今回は転職という事なので、人それぞれのキャリアや年齢によって様々な方法があります。
その例としますと転職コンサルタントを利用するという事です。
上記でも書きました通り、カフェは過酷な飲食業と同列なのでとにかく仕事内容がキツイという事もあり、人手は常に足りていない状況で何とか人を集めたいというのが本音の店舗が殆どです。
飲食業は人の出入りが激しいのです。。
なので飲食店は他の業種に比べて内定を頂ける可能性がとても大きいのもポイントです
転職コンサルタントを利用するメリットは、沢山ある求人の中から自分の希望に沿った求人を紹介して貰えるという所です。
もし自分がどういったカフェで働きたいという希望が明確なのでしたら、転職コンサルタントさんに一度話を聞いてもらうのが最も効果的です。
今はインターネットがこれだけ普及しておりますので、カフェのコンサルタントは探せば確実に出てきます。
もし未経験だとしたら、もう後はやる気と熱意で勝負するしかありません。
ですが飲食業やカフェは未経験からでも採用してくれる企業も多く、特に20代、30代といった年代の方でしたらやる気さえあれば採用に結びつく可能性がとても高いといえます。逆に40代、50代となりますと未経験の場合やる気と熱意だけではなくもう1つ何かが必要となってきます。
それがその豊富な人生経験で何ができるのかをしっかりとアピールし、それがカフェでどういう方向で役に立つかという事を伝える事です。
それは今までの経験でやってきた事をどう繋げていくかが勝負となります。
パソコンが詳しかったら、カフェで新しいメニューを考えた際にインターネット上で呼びかけたり、ホームページで美味しく見せたり等今まで身につけてきた技術を活かす方法は沢山あります。
とにかく考えてアピールする事がカフェで正社員として転職する事に最も必要な事といえます。
どんなに凄い能力を持っていたとしても、行動しないと意味が無いのです。